天使の森

このお店から幸せを発信したい

店主の森さんが作る「なべやき」から始まり、たくさんの人の縁が繋がり、できたお店『天使の森』。以前は大船渡屋台村にありましたが、2018年9月、BRT大船渡駅から徒歩1分のキャッセン夢横丁に新設オープンしました。
若い頃から「喫茶店をやりたい」と考えていた森さん。いつの頃からか「64歳で店を持つ!」と考えるようになっていたそうです。そして現在、手伝ってくれる娘さんと一緒に、本当に64歳で念願のお店をオープン!「お客さんから楽しかったと言ってもらえるようなお店作りをしていきたい。あったかいお店を作りたい」と考える森さん。嬉しいこと、楽しいこと、悩みや愚痴も一緒になって聞いてくれます。お話上手でノリも良い!素敵親娘のお店です!

店主自慢の「なべやき」

みなさん「なべやき」は知ってますか!?
小麦粉と砂糖で作る、気仙地方では昔からお馴染みの蒸しパンのようなお菓子です。フナコもちっちゃい頃から食べてました!
そんな「なべやき」は、森さんの得意料理。お店に入ってすぐの所に黒糖味とみそ味がそれぞれドドン!と置いてあります。
お持ち帰りはもちろん、店内ではアイスをトッピングしても食べられます。その名も「天使のくちどけ」♡どっちも美味しい~♡

店主自慢の「なべやき」

みなさん「なべやき」は知ってますか!?
小麦粉と砂糖で作る、気仙地方では昔からお馴染みの蒸しパンのようなお菓子です。フナコもちっちゃい頃から食べてました!
そんな「なべやき」は、森さんの得意料理。お店に入ってすぐの所に黒糖味とみそ味がそれぞれドドン!と置いてあります。
お持ち帰りはもちろん、店内ではアイスをトッピングしても食べられます。その名も「天使のくちどけ」♡どっちも美味しい~♡

色んなことの「おかげさま」

今までたくさんの経験をしてきた森さん。特に震災はターニングポイントだったそう。無事だった自分に何ができるのか考えた時「自分は『なべやき』しか作れないと思って。ひたすらなべやきを作って、警察やボランティアの人達にあげていたの。」と語る森さん。でもそのなべやきが人との縁を作ってくれ、差し入れから始まり、キッチンカーを使った料理提供へ、そして、屋台村へと繋がったそうです。
「世の中って何があるかわからない。私は良い事も悪い事も『おかげさま』と思ってる。そして沢山の人に助けられて今があるから、恩返しを、幸せの発信をこの店でしていきたいの」と笑顔で語ってくださいました。

色んなことの「おかげさま」

今までたくさんの経験をしてきた森さん。特に震災はターニングポイントだったそう。無事だった自分に何ができるのか考えた時「自分は『なべやき』しか作れないと思って。ひたすらなべやきを作って、警察やボランティアの人達にあげていたの。」と語る森さん。でもそのなべやきが人との縁を作ってくれ、差し入れから始まり、キッチンカーを使った料理提供へ、そして、屋台村へと繋がったそうです。
「世の中って何があるかわからない。私は良い事も悪い事も『おかげさま』と思ってる。そして沢山の人に助けられて今があるから、恩返しを、幸せの発信をこの店でしていきたいの」と笑顔で語ってくださいました。

名物の『なおちゃんラーメン』

名物の『なおちゃんラーメン』は森さんの娘、なおちゃんが以前勤めていたラーメン屋さんの味を再現したもの。(フナコもここのお店のファンでした!)残念ながらそのお店は閉店しましたが、この味がなくなるなんてと、とても残念に思っていたそうです。そこで森さんがお店をやるとなった時、ぜひこのラーメンも!と娘さんが進言。お店のメニューにすると決まってからは、試食会を開き、味の再現をされたとか。
昔ながらのシンプルな正油ベースのラーメンは、あっさりと食べやすくスルスルっと入っていきます。再現といってもそのままではありません。「寸胴で一気にではなく『一杯ずつ』作りたい」なおちゃんのこだわりもプラスされた一品です。今では常連さんから「味、超えたんじゃないか!」なんて言われる絶品ラーメンになりました♡

人柄に、味に惹かれてみんな来るんです

お店の客層は老若男女。お酒飲む人、コーヒー飲む人、子連れの家族、「てんすさ来だぞ!(天使に来ましたよ!)」と軽トラに乗ったおじいちゃんも来るとか。現在のお店がオープンした時には、屋台村の時に知り合った80歳代のおじいちゃんが、千葉から1人で駆けつけてくれたそうです!すごい!
また、店内のインテリアや道具はいろんな方から頂いたものが多いそう。可愛いもの、オシャレなもの、チェックしてみてください!
メニューは名物のラーメンから日によって変わる定食や、大船渡では珍しい富士宮焼きそばも!注文に悩む人には、ハーフサイズの特別サービスがある…かも!?
昔懐かしクリームソーダや甘〜いココアもありますよ♪

理想の夢はまだこれから

『64歳で店を持つ』その夢を叶えた森さん。次の展開は…!?
「理想の夢はまだなの。実は2人ともお酒が苦手だから、お酒を扱わない喫茶とラーメンのお店をやりたい。街中じゃなく、木があって土があって300坪くらい(笑)の自然の中に、お店と傍に平家の家があって、横には長屋。長屋の中には父の大工道具、母の農具を飾ってちっちゃい博物館みたいにして。ダルマ式のストーブを置いて、じいちゃんばあちゃんとなべやきを食べたりお茶っこ飲みがしたい。お庭ではフリーマケットをやるとか、ブランコやハンモックがあって、家族づれで楽しめるような店にしたい。自分ができなくなったら娘にバトンタッチして、継ぎたくないなら土地ごと市に寄付するとか…自分は縁側で気ままに生きていきたいな。それが一番の夢。」
素敵な夢…!!このお店、できたらフナコ、絶対行きます !!モチロン、今でも十分素敵なお店♡皆さん、2人の天使に会いにどうぞ『天使の森』へ☆

天使の森の基本情報

電話番号080-1843-8230
営業時間昼 11:00〜14:00
夜 17:00〜23:00
定休日火曜日
住所大船渡町字野々田
URL
その他 カウンター席のみ:8席
貸切サービス:5人〜
ポイントカード有り:ラーメンまたは定食のご注文1つにつき、1スタンプ。15コたまると「なおちゃんラーメン」1杯サービス!
☆おおふなこポータル特典☆
「おおふなこポータル見ました」と伝えていただくと、プチサービスあり♪
PR☆おすすめメニューその1『なおちゃんラーメン』
あっさり正油味で支那そば風。昔懐かしい感じで、おじいちゃんもおばあちゃんも皆さん喜んでくださいます。

☆おすすめメニューその2『なべやき(黒糖味・みそ味)』
幼き頃、母さんが作ってくださった「なべやき」。当時は黒砂糖が手に入りづらく、黒砂糖入りは滅多にできませんでした。このなべやきで店主は人生の道が拓けました。

あなたにオススメの記事♪